北軽井沢 グランビュ―北軽井沢1313号

部屋

大浴場

サウナ

フィットネスルーム

フィットネスルーム

バーベキューコーナー

展望風呂

軽井沢随一の癒しスポット「白糸の滝」で、マイナスイオンを浴びまくる!

水の流れる音もだいぶ大きくなってきた気がします。ワクワク!白糸の滝まで、もうすぐの予感!

▲白糸の滝の全景。S字を描くようにして滝ができていることが分かる

暑地のイメージが強い軽井沢の中でも、特に“涼”を感じられるのが、北軽井沢エリアにある「白糸(しらいと)の滝」。群馬県との県境、「白糸ハイランドウェイ」沿いにある、湾曲したフォルムが美しいと話題の観光スポットです。

▲遊歩道沿いを流れる「湯川」。白糸の滝から流れ落ちた湧き水が湯川となり、最終的に、日本一長い信濃川(長野県での呼び名は千曲川)に合流する

幅約70m!見る者を圧倒する、幻想的なフォルム
ついに白糸の滝に到着です。見てください、この湾曲した美しいフォルム!
全国に「白糸の滝」の名を持つ滝は数あれど、これほど美しい白糸の滝があるでしょうか。高さ約3mの滝が、緩やかなカーブを描きながら約70mも続いているのです。

落差はそれほどありませんが、同じ高さから無数の滝が流れ落ちる様は、まるで水のカーテン!その美しい光景に、思わず見惚れてしまいます。マイナスイオンもたっぷりで、これは癒される!

夜も、冬も美しい!いつもとは、ひと味違った雰囲気の白糸の滝も!
景勝地といえば日中の観光が定番ですが、白糸の滝では、毎年夏季の1カ月間、プロジェクションマッピングによる幻想的なライトアップイリュージョンが開催されます。

▲2018年は7月27日~8月26日の毎週金・土・日曜(19:00~21:00)の開催(8月10日~15日は毎日開催)※写真は2017年のもの

▲地野菜などの直売所と土産物店、軽食を扱う店が並ぶ

▲7、8月は、涼を求める人々で特ににぎわう時期。観光バスが到着すると、この写真をはるかに凌ぐほどの人だかりができる

「日本夜景遺産(第三類・ライトアップ夜景遺産)」にも登録されているので、時間のある方はぜひ、夜の白糸の滝も訪ねてみてください。清涼感たっぷりの昼間とはひと味違った、幻想的な雰囲気を味わうことができますよ。
また、2月上旬~3月上旬までの毎週金・土・日曜は、売店の下にある駐車場で「氷柱白糸イルミネーション」を楽しむことも。白糸の滝の天然水を利用した人工氷柱にLEDライトが輝き、こちらも必見の美しさです!

▲美しくライトアップをした幻想的な氷柱 ※写真は2017年のもの

▲骨も頭もすべて食べることができる「イワナの塩焼き」(1本700円、3本以上の注文で1本600円 ※各税込)。炭火でじっくり焼き上げるので、臭みやクセは一切ない

浅間牧場は駐車場、入場料も無料で楽しめる北軽井沢エリアの高原体験

 

▲軽井沢の自然や動物たちとふれあえる。

軽井沢の浅間牧場は自然がいっぱいで、気軽に可愛い動物たちと触れ合うことができるレジャースポットであるということです。可愛い動物たちがたくさんいて、お客さんをお出迎えしてくれます。単に動物がいるというだけではなくて、大自然とセットで動物を触れ合えるスポットです。自然いっぱいの中で動物たちと触れ合えば、日々の疲れやストレスもリフレッシュすることができるはずです。軽井沢の浅間牧場の自然や動物で癒されてみて下さい。子供も安心してチャレンジできる乗馬体験ができるので、ファミリーに人気があります。乗馬体験は基本的に夏休みやゴールデンウィークのシーズンに実施されています。ペット連れOK!

▲軽井沢から上ってきて、「浅間牧場」の信号を右折すると、すぐ右に「浅間牧場茶屋」があります。
こちらでは、飲食及び、お土産の購入もできます。
主に「そば・ラーメン・信州味噌焼丼・ソースかつ丼・浅間ステーキ・カレー」などが、召し上がれるレストランがございます。
牧場茶屋では、その他、「ソフトクリーム」「ジョッキ牛乳」「バーベキュー」なども楽しめます。。

 

▲浅間牧場茶屋を通り過ぎて、正面に出てくる建物が、浅間牧場の「売店・案内所」